かんたん車査定 カーセンサー 楽天オート


 

無料の車査定サイトでは唯一ガリバーも加入する本命サイト。ローカルの地域や年式の古い車にも強いサイトです。やっておかないと損です



カーセンサーは多くの隠れた優良買取店からの見積もりをとることができます。お馴染みの中古車選びの情報誌のweb版。潟潟Nルートが運営。



 

EC日本国内最大手の楽天が運営している無料査定サイトです。楽天ポイントがもらえます。



各社各様で未知数なものも多い?

 

最近のクルマのブームのなかでもっとも大きな話題はなんといってもエコです。
「今度、買うときはエコカーに」と考えている人も多いかもしれません。

 

ただし、これもメーカー側の宣伝に踊らされている感がなきにしもあらずです。まず、軽自動車はエコというイメージがありますが、いまよく出回っている新車は重量が重く、燃費が悪いので、決してエコなクルマではありません。

 

さらに電気自動車も、バッテリーの基準が統一されていないので、ガソリンスタンドで給油するような手軽さの実現はまだ先のことです。今後、10年くらいは浸透しない可能性が高いばかりか、日産『リーフ』は、その″アダ花″になってしまうような可能性すらあります。

 

「自宅で充電」とは謳っていますが、一月建てはともかくマンションの人は? とか、月極駐車場にクルマを置いている人は? となるとまったくの未知数で、浸透するのはずっと先のことになるかもしれません。

 

加えて、「ハイブリッド」車種もどこまで実効性があるのかは未知数です。

 

ハイブリッドとはいわば「混血」のことで、発進時にモーターの力でエンジンをアシストするしくみです。

 

つまり、エンジンとモーターを二つもっているということから名づけられています。クルマは発進時に最も燃料を消費するのですが、その発進時にはモーターもしくはエンジン+モーターを使い、 一定基準の速度を超えるとエンジンで動くのです。

 

このしくみも、国産車。国産メーカーではどこも積極的に、かつ一様に取り組んでいるわけではありません。トヨタやホンダが先行し(最近は日産もハイブリッドに参入)、マツダはスカイアクテイブという独自技術で攻勢をかけ、ダイハツ、スズキも第三のエコカーと呼ばれるガソリンエンジン車を出し、日産と三菱が電気自動車を出すなどの業界模様になってきています。また、外車でもベンツ・BMW ・アウディーなどもハイブリツドに参入してきています。

 

ですから、ひと口にエコということでメーカーにすすめられるままに購入しようとすると、相対的にまったくエコではなかったり、より快適なクルマを買いのがしたりすることになってしまう可能性があるのです。

 

ディーゼルもエコ?

 

なお、ディーゼルエンジンについても、じつは一長一短があります。

 

ヨーロツパに行けば、ディーゼルエンジンのほうが環境には優しいと評価されているのです。

 

たしかに、NOxという黒煙は排出しますが、C02の排出量はガソリンエンジンより少ないのです。

 

国産メーカーとしては、マツダはこの点に着日し、ディーゼルエンジンにも対応できる独自技術の導入を進めています。

 

エコについては、「エコなクルマを買う」という視点より、後述する「エコな運転をする」という視点に変えたほうがよいでしょう。信号待ちではエンジンを止めたり、急な発進をしないようにするといったことです。そのようなちょっとした心がけで、燃費がずいぶん節約でき、エコにつながつていきます。

 

くれぐれも、「いま乗っているクルマが10万キロに達したら『もう寿命かな?』と勝手に判断して、エコ車に乗り換える」ことがエコではないということを強調しておきましょう。

 

エコカー補助金も、いまあるよいものを大切に使うという日本の文化を衰退させてしまう一面があるという視点をもつことが大切なのです。

 



厳選■登録してしておきたい3つの査定登録サイト



 


かんたん車査定ガイドは、他とは一線を画すサイトです。たとえば、一括査定で唯一、車買取業界最大手の人気買取り店のガリバーが入っており、
高値が出やすいのです。【※2012年4月からガリバーはこの一括査定サイトのみと提携しており高値を希望の場合は絶対に押さえるべきサイトです】

 




 

             

カーセンサー


リクルートが運営しており、一括査定サイトの中でも優良な車・買取会社が提携しています。
中小の提携業者はかなり高値を出してくれるところもあり、高価買取が期待できます。

  



 


最大の評判は楽天ポイントが5000ポイントつくこと。査定額が5000円他より高いのと同じことです。
カーナビやオーディオの購入に使えますね。もちろん、5000円どころではない、車種によっては何十万円の差が査定額で期待できます。