かんたん車査定 カーセンサー 楽天オート


 

無料の車査定サイトでは唯一ガリバーも加入する本命サイト。ローカルの地域や年式の古い車にも強いサイトです。やっておかないと損です



カーセンサーは多くの隠れた優良買取店からの見積もりをとることができます。お馴染みの中古車選びの情報誌のweb版。潟潟Nルートが運営。



 

EC日本国内最大手の楽天が運営している無料査定サイトです。楽天ポイントがもらえます。



状態図を見てみよう

 

中古車には、大なり小なリキズがあるのがあたり前です。

 

ただし、店頭で売られているクルマは見栄えをよくしないといけないので、ある程度のキズは修復して、店頭に並べています。その修復が実際のところ、お客さんにとって納得いくものかどうかという問題になつてくるでしょう。

 

お客さんであるあなたは、キズをどのように修復しているのかを見抜かなければなりません。

 

まず大事なのは、「状態図」できちんと確認することです。それを見れば、どこにキズがあったのかが一応はわかります。目の前にあるクルマとしっかり照らし合わせれば、きれいに直してあるかどうかも判断できるでしょう。納得できない直し方であっても、販売価格と照らし合わせて購入を検討するとよいでしょう

 

「検査員記入」欄には、クルマの状態についてさまざまな気づいたことを記入してある
「状態図の見方」は「総合評価」。このほか「外装評価」「内装評価」など細かく分けられている

 

事故歴と修復歴は異なる?

 

さらに、買う側として気になるは、「事故歴」です。これは、本来は「事故歴」と「修復歴」という二つの区分があります。事故をしたかどうかが「事故歴」で、フレームがゆがむなどの走行に支障をきたす損傷の修理跡が「修復歴」になります。前の所有者はそのような事故があったことを買取り店に伝える必要はありません。ですから、修復歴がないものは事故をしていないというわけではないのです。

 

また、修復歴の表示も、フレームがゆがむとか、走行に支障をきたすレベルのものを表示するだけで、こまかな″かすり傷″程度のものは修復歴には表示されません。

 

修復歴は通常、プライスボードに「ある。なし」が表示されますが、修理の回数までは表示されません。もし、表示し忘れていても、販売店側には見に来たお客さんに対して修復歴があることを伝えないといけないルールになっています。

 

ですから、修復歴のレベルでウソをついて販売することはまずなく、買う側は心配する必要はないでしょう。修復歴のあるクルマは販売価格もそれに応じて下がっているので、最終的には、その価格で納得して買うかどうかということになります。

 

なお、「修復歴のない事故歴」については、状態図には出ています。たとえば、「左側前から後ろまですべて交換」といった表示とともに、その部分を図に示してあるのです。そうなると、「交換ってことは事故で当たったか、当てられたかでもしたんだろうな」ということがわかります。

 

じつは「走行に支障のない修復歴」というのは、修復歴があることでクルマの価格は下がり、 一方で走行に支障はないので「お買い得」ということもできます。

 

その点で、最近、増えていることにひょう害があります。ひょうが降ってきて天丼がへこみ、それを修理すると天丼は交換できないので修復歴になります。しかし、評価が下がるけれども、走るのに支障はありません。ですから、車種。年式などの好みが合えば、買ってトクなクルマなのです。

 

修理はどこまでチェツクするか

 

最近のクルマは「機械もの」というよりも全体が「電子部品」のようなところがあります。ですから、修理したとしても、それが本当に問題なく作動するかとなると、また別問題でもあるのです。

 

たとえば、ドア。交換したのであれば、きちんとドアがついているでしょうが、オートロックやパワーウィンドウの機能がきちんと作動するかどうかは、実際のクルマを自分で見て、確認しないといけません。

 

これは、とてもわかりやすい例で述べましたが、クルマは電子部品の固まりだとすると、すべてをチェックすることは一般の人にはできないかもしれません。「クルマにバグが仕組まれていた」とか「クルマがウィルスに感染した」といった話にもなりそうですが、それが現実なのです。

 

ですから、この面については、頼りになる人の支援を得ないといけません。

 

クルマのキズは曇りの日にチェック

 

クルマのキズがどうしても気になるという人は、曇りの日に確認しにいくとよいでしょう。晴れた日だと、太陽に光ってよく見えないことがあるからです。板金した跡など、薄曇りの日によく見ると、かすかに波打って見えることがあります。

 

いずれにせよ、中古車にはキズがあるもの、と考えるべきです。

 

そのとき、キズが残っていることを承知で購入し、あとから塗装を自分でやったり知り合いの業者に頼んだりしたほうが安く上がるケースもよくあります。

 

販売店側がキズを塗装すると、その部分にも利益を乗せて販売する必要があり、そうなると、クルマの価格がより高くなってしまうか、雑な直し方をしてコストを抑えないといけなくなるからです。購入する際のコツとしては、そのような別の業者に直してもらうソントク面も考慮に入れて検討したほうよいでしょう。

 

中古車にキズはつきものだが、キズのあるまま購入して自分で業者に頼んで直したほうが安上がりなこともある。



厳選■登録してしておきたい3つの査定登録サイト



 


かんたん車査定ガイドは、他とは一線を画すサイトです。たとえば、一括査定で唯一、車買取業界最大手の人気買取り店のガリバーが入っており、
高値が出やすいのです。【※2012年4月からガリバーはこの一括査定サイトのみと提携しており高値を希望の場合は絶対に押さえるべきサイトです】

 




 

             

カーセンサー


リクルートが運営しており、一括査定サイトの中でも優良な車・買取会社が提携しています。
中小の提携業者はかなり高値を出してくれるところもあり、高価買取が期待できます。

  



 


最大の評判は楽天ポイントが5000ポイントつくこと。査定額が5000円他より高いのと同じことです。
カーナビやオーディオの購入に使えますね。もちろん、5000円どころではない、車種によっては何十万円の差が査定額で期待できます。