かんたん車査定 カーセンサー 楽天オート


 

無料の車査定サイトでは唯一ガリバーも加入する本命サイト。ローカルの地域や年式の古い車にも強いサイトです。やっておかないと損です



カーセンサーは多くの隠れた優良買取店からの見積もりをとることができます。お馴染みの中古車選びの情報誌のweb版。潟潟Nルートが運営。



 

EC日本国内最大手の楽天が運営している無料査定サイトです。楽天ポイントがもらえます。



目安時期に取り替えたほうが結局はトクに

 

クルマはたくさんの部品で構成され、それぞれの部品の交換時期の目安は、そのクルマの取扱説明書に記してあるとおりです。機械ものの部品にはオイルが必要な箇所もあり、部品。オイルを含めて目安の時期に取り替えるというのがベストです。

 

クルマはたくさんの部品で構成され、それぞれの部品の交換時期の目安は、そのクルマの取扱説明書に記してあるとおりです。機械ものの部品にはオイルが必要な箇所もあり、部品。オイルを含めて目安の時期に取り替えるというのがベストです。

 

ただ、基準にそってすべての部品やオイルを本当に取り替えている人もそれほど多くはないはず。早めに交換すると、お金がもったいないという人もいます。 一方で、交換時期を延ばして故障して、結局、大きな修理費用がかかってしまうという人もいます。

 

たくさんのクルマを見てきた経験からいうと、私は、それぞれの目安の時期が来る前に、できれば少し早めに取り替えたほうが結局はトクをするように思います。

 

なぜなら、もし、交換の時期を逃して故障でも起こしたら、きつと別の部品にも支障が起きているはず。そのことにより、結局、その交換部分だけではなく、よぶんな部分にまでお金がかかるのです。

 

コンピュータ制御されていれば、なおさら部品間の関連性は高まり、ひとつの異常が別の部品に連鎖すると理解しておくべきでしょう。

 

オイルと空気圧はマメにチェツク

 

いまのクルマの部品のなかで、とくにきちんと交換しておいたほうがよいのは「オイル」です。ほんの数年前まで、ガソリンスタンドはセルフではなかつたので、ボンネットを開け、オイルの量や汚れを確認してくれたものです。そのころは、「また、オイルを交換して売上を上げようと思っている」と考えた人もいるでしょう。

 

しかし、いざ、ガソリンスタンドがセルフになってしまうと、オイルをまったく確認しないまま乗り続ける人が増えてきました。メンテナンスをアドバイスされる機会が減ると、極端にいうと、路上で走っていて故障してはじめて部品を取り替えるといったことになりかねません。ちなみに、オイルのグレードについてはいまのクルマの性能がよくなっているので、特定のクルマでないかぎり一般の普及タイプのもので十分です。

 

同様のことがタイヤの空気圧にもいえます。自分でチェックしなければ、誰も確認してくれません。誰も確認しないまま走り続けると、当然ながらエンジンにも負荷がかかり、燃費も悪くなり、タイヤの減り具合もいびつになり、タイヤ買い替えでよぶんなお金がかかったりします。

 

タイヤの空気圧について細かなことをいうと、エコタイヤは高圧に耐えられるタイヤなので、初めから空気圧は高めに設定されています。そのため、エコタイヤについては、高速道路では空気圧は2割アップといった基準ではなく、購入時の適正の状態でよいでしょう。。

 

基準より高い空気圧にすると、それもまた、タイヤのいびつな減り方につながります。

 

洗車は頻繁にしなくてもよくなった?

 

かつては、家の駐車スペースやガソリンスタンド脇の洗車コーナーなどでクルマを洗っている人をよく見かけましたが、いまはあまり見かけなくなりました。

 

洗車しないと塗装がくすんでコゲたリハゲたり、その部分がサビになることも多く、メーカー側も長持ちさせるために洗車をすすめていたものです。

 

ところが、塗装が高性能になり、 一定のグレード以上のクルマだと特殊なコーテイングを施してあります。そのため1年くらいは、洗車はよくても「ワツクスがけはしないでください」と注意書きしてあるものもあります。

 

そのようなこともあつてか、かつてはカー用品店で広い棚を占めていたワツクスのコーナーも、ホントに小さくなりました。

 

洗車しすぎてクルマにキズをつけるようなことはないでしょうが、メーカーが推奨していない洗い方、ワックスのかけ方には用心したほうがよさそうです。

 

交換時期が来たら、早めに交換。とくにオイルはマメにチエツクすると寿命が延びる。



厳選■登録してしておきたい3つの査定登録サイト



 


かんたん車査定ガイドは、他とは一線を画すサイトです。たとえば、一括査定で唯一、車買取業界最大手の人気買取り店のガリバーが入っており、
高値が出やすいのです。【※2012年4月からガリバーはこの一括査定サイトのみと提携しており高値を希望の場合は絶対に押さえるべきサイトです】

 




 

             

カーセンサー


リクルートが運営しており、一括査定サイトの中でも優良な車・買取会社が提携しています。
中小の提携業者はかなり高値を出してくれるところもあり、高価買取が期待できます。

  



 


最大の評判は楽天ポイントが5000ポイントつくこと。査定額が5000円他より高いのと同じことです。
カーナビやオーディオの購入に使えますね。もちろん、5000円どころではない、車種によっては何十万円の差が査定額で期待できます。