かんたん車査定 カーセンサー 楽天オート


 

無料の車査定サイトでは唯一ガリバーも加入する本命サイト。ローカルの地域や年式の古い車にも強いサイトです。やっておかないと損です



カーセンサーは多くの隠れた優良買取店からの見積もりをとることができます。お馴染みの中古車選びの情報誌のweb版。潟潟Nルートが運営。



 

EC日本国内最大手の楽天が運営している無料査定サイトです。楽天ポイントがもらえます。



ドイツ車の安心感を手に入れる

 

外車の目利きともいえる人に評価の高いクルマのひとつにフオルクスワーゲンの『ゴルフ』があります。

 

サイズとしては、トヨタの『ヴィッツ』と同程度で大きくはないのですが、内装を含めた装備にお金をかけています。

 

ところが、新車は250万〜300万円くらいしますが、それも
中古車市場ではある程度の年数が経つと『ヴイッツ』などと
同じような価格になってきます。
それくらいの値段になった中古の『ゴルフ』を買うと、おトクなわけです。
まさに、「ドイツ車の安心感を手に入れる」という感覚です。

コストカットが進んできた日本

 

国産車とドイツ車とはどのように違うのか。また、「安心感」とはどのようなものか。
これをひと言で表現するのはむずかしいものです。

 

ただし、そのいくつかを示すと、まず、内装面ではシートです。ドイツ車は国産車より数十万円はお金をかけています。

 

また、ドイツは安全性の基準が高い国なので、『ゴルフ』クラスでも乗った瞬間の心地よさは日本車でいえば『クラウン』並みです。大衆車であっても、それだけ精密につくられているといってよいでしょう。

 

一方、日本車は1990年代にバブルがはじけて以降、世界での価格競争に勝つために、いろいろなものをカツトしてきた経緯があります。そのため、クルマの質で考えると差が生まれてきたのです。

 

たしかに、かつて国産車ではトヨタの『レクサス』がアメリカに進出しはじめた頃は、国産車も高級車にチカラを入れて攻勢をかけていた時代があります。

 

ところが、いまは一般消費者には見えないところでコストカットを始め、その状況が続いています。

 

そのような面は、新車を見て回っているだけではわからないかもしれません。しかし、実際に人が乗り、使い込んだあと、中古車になればなるほど見えてくるのです。

 



厳選■登録してしておきたい3つの査定登録サイト



 


かんたん車査定ガイドは、他とは一線を画すサイトです。たとえば、一括査定で唯一、車買取業界最大手の人気買取り店のガリバーが入っており、
高値が出やすいのです。【※2012年4月からガリバーはこの一括査定サイトのみと提携しており高値を希望の場合は絶対に押さえるべきサイトです】

 




 

             

カーセンサー


リクルートが運営しており、一括査定サイトの中でも優良な車・買取会社が提携しています。
中小の提携業者はかなり高値を出してくれるところもあり、高価買取が期待できます。

  



 


最大の評判は楽天ポイントが5000ポイントつくこと。査定額が5000円他より高いのと同じことです。
カーナビやオーディオの購入に使えますね。もちろん、5000円どころではない、車種によっては何十万円の差が査定額で期待できます。