かんたん車査定 カーセンサー 楽天オート


 

無料の車査定サイトでは唯一ガリバーも加入する本命サイト。ローカルの地域や年式の古い車にも強いサイトです。やっておかないと損です



カーセンサーは多くの隠れた優良買取店からの見積もりをとることができます。お馴染みの中古車選びの情報誌のweb版。潟潟Nルートが運営。



 

EC日本国内最大手の楽天が運営している無料査定サイトです。楽天ポイントがもらえます。



ちょっと複雑な中古車市場

 

中古車の魅力は、なんといっても価格が安いことです。ただし、その価格には、新車とは異なるカラクリがあります。
まず、人気車種でたくさん出ている色のクルマは、店頭での販売価格は売れるので高めに設定され、 一方で買取りの相場価格は、売却台数も多いので低めになります。

 

となると、中古車販売店で、店頭価格で買うのはトクな買い方ではないということになります。

 

つまり、店頭で買ってもソンではないのは、「色も車種としてもあまり人気のない、でも自分としては買いたいクルマ」ということになります。

 

走行距離は1年1万キロが妥当

 

走行距離については、1年1万キロが一般的な感覚としても中古車査定の基準としても妥当ですから、8年経っているクルマで走行距離8万キロは一般的な水準で、8年経って6万キロなら、むしろ、走行距離はそれほど多くはないと評価すべきでしょう。

 

一方、走行距離が10万キロであったらいまの中古車市場では価格がつきにくいと判断もできますが、タイミングベルトをきちんと換えてあれば、むしろよいと考えることもできます。もし、3年で10万キロレベルと酷使したクルマであれば、あと2年乗るくらいのつもりでグンと安く購入できるでしょう。10万キロ乗ったクルマであれば、買取り価格はもちろん販売価格もガクンとさがるので、車種によつてはそれを買いどきと考えることもできるのです。

 

 

走行距離については、たとえば10年乗って3万キロというケースもあります。

 

「これはちょつと乗ってなさすぎるのでは?」

 

という気もしますが、「走行距離が少ない」というのは大きなPRポイントになり、買取り価格も販売価格も高めになります。

 

そのため、「走行距離の少ないクルマを買えた」という満足感がある一方、クルマに慣れた人では、「機械ものは定期的に動かしていないといけないのに、大丈夫かなあ」と別の不安を感じる人もいるでしょう。

 

なお、以前問題になった、「走行距離の改ざん」は犯罪行為ですから販売店レベルではありません。ただし、販売店でクルマを出す前の段階、
たとえば、そのクルマの前の所有者が操作するということは考えられます。技術的にはアナログからデジタル式に変わり、ロムを入れ替えればよいだけです。

 

また、販売業者ではなく、買取り業者までのところで行う可能性もあるわけです。「その可能性がある」ということを理解しておくとよいでしょう。

 

色も車種としてもあまり人気のない、でも、自分としては買いたいクルマを。



厳選■登録してしておきたい3つの査定登録サイト



 


かんたん車査定ガイドは、他とは一線を画すサイトです。たとえば、一括査定で唯一、車買取業界最大手の人気買取り店のガリバーが入っており、
高値が出やすいのです。【※2012年4月からガリバーはこの一括査定サイトのみと提携しており高値を希望の場合は絶対に押さえるべきサイトです】

 




 

             

カーセンサー


リクルートが運営しており、一括査定サイトの中でも優良な車・買取会社が提携しています。
中小の提携業者はかなり高値を出してくれるところもあり、高価買取が期待できます。

  



 


最大の評判は楽天ポイントが5000ポイントつくこと。査定額が5000円他より高いのと同じことです。
カーナビやオーディオの購入に使えますね。もちろん、5000円どころではない、車種によっては何十万円の差が査定額で期待できます。