かんたん車査定 カーセンサー 楽天オート


 

無料の車査定サイトでは唯一ガリバーも加入する本命サイト。ローカルの地域や年式の古い車にも強いサイトです。やっておかないと損です



カーセンサーは多くの隠れた優良買取店からの見積もりをとることができます。お馴染みの中古車選びの情報誌のweb版。潟潟Nルートが運営。



 

EC日本国内最大手の楽天が運営している無料査定サイトです。楽天ポイントがもらえます。



 

買い方にさまざまなコツがあるように、売却にもさまざまなコツがあります。

 

まず、「いま乗っているクルマがいくらの流通価値があるのか」を知ることです。

 

インターネットを開けば、「あなたのクルマを査定します」といったサイトがたくさん出てきます。そこで年式と車種を入れると、見積額を教えてくれます。

 

ところが、そうしたサイトでは、メールアドレスや電話番号を書き込む欄があるものが多く、いったん書き込むと、「クルマ、売りませんか? 買い替えませんか?」とたくさんのメール攻勢や電話攻勢を受けることにもなります。

 

そのことに辟易としていたら、いい方法としては、実際に自分のクルマに乗らずに中古車販売店に行き、

 

自分のクルマの車種を店員に告げ、「いくらくらいですか?」と聞けばよいのです。
その金額から、販売店の利益を引いた額が、売却価格の目安となります。

 

販売店の利益はだいたい10〜15%ほどです。

 

かつてはもう少し利益が大きかったのですが、
いまはこのくらいのパーセンテージしかとれないのが実情です。

 

目安の金額がわかると売却するということになるわけですが、とくに故障箇所がなければ、個人でもオークションに出すことができます。
この場合のオークションとは、ヤフーオークションなどの個人売買オークションとなります。

 

査定表をもとに具体額を算定

 

中古車の売却のために店を訪れると、査定表をもとに実際の売却価格を査定してもらいます。

 

このときに注意したいのは、売却には「下取り価格」と「買取り価格」があるということです。

 

@下取り価格
下取り価格は、その店で別のクルマを購入することを前提とした価格ですから、基本価格はあるものの、実際にいくらの値段をつけようと店側の自由です。そのため、新しく買うクルマの値引き幅の調整に使われることもよくあります。

 

A買取り価格
買取り価格は、オークション市場での相場価格から、買取り店の利益を差し引いた価格となります

 

オークションの相場価格は厳密なものではないともいえるので、細かなキズをチェツクしていくとはいっても、実際の金額の算定は大ざっぱなものです。流通価格(販売店の店頭価格)から年式や走行距離、キズの程度などを判断して算出するわけです。

 

ただし、大ざっぱといつてもビジネスとしてたくさんのクルマを見ているプロの目で判断するわけですから、実際の売却金額が店や担当者によって大きく変わることはまずありません。

 

いずれにせよ、基本となる流通価格・買取り価格は、売却の前にしつかりと押さえておくべきです。それがわからなければ、値段が高いか低いかの判断ができないからです。

 

買取りと下取りでソントクは出るか?

 

よく、「高く下取りしてもらえてよかつた」と言う人がいますが、これは、ほとんどの場合は勘違いです。多くは、下取りを高く設定したかに見せかけて、新しく購入するクルマの値引き幅を抑え、書類で操作しているのです。要はごまかしているだけといったほうがよいでしょう。

 

これは買い方の部分にもなりますが、買取りと下取りでのソントクを考えるのであれば、下取りの場合でも下取りしてもらうことを想定せず、まず、新しくほしいクルマの見当をつけ、そのクルマをどこまで値引きしてもらえるのかを確認し、そのうえで「このクルマを下取りに出してもいいのですが……」と切り出せば、下取り額と値引き額それぞれの金額は明確になります。

 

「困ったお客さん」とは、下取り価格や値引き額は関係なく、


自分が支払う金額だけに焦点を合わせるお客さんです。

 

たとえば

 

「いくら値引きしてもらえるか」
「いくらで下取りしてくれるか」

 

と値引き額や下取り額を気にするのであれば、値引き額・下取り額の調整ができますが、そうではないお客さんの場合は調整や操作のやりようがなくなるからです。

 

ですから、買い替えることを前提とした売却の場合は、「最終的にいくら自分が払うかだけで判断する」ようなアプローチを複数の店で行うと、買取りと下取りの店ごとのソントクが出てきます。

 

査定には一定のルールがある

 

なお、中古車の査定には、「中古車査定基準」(出品車両評価基準)というルールがあります。そのうち修復歴の判断基準の一部は自動車査定協会が定めたもので、法律ではありません。つまり、「協会に加盟している業者はこの基準で査定しています」というルールを示したものです。

 

本来は、査定業務そのものはビジネスとしてお金を支払うべきものです。つまり、この協会に加盟して認定を受けている店では、査定料をとられる可能性があるということ、査定はどこでも無料ではないということを知っておきましょう。

 

実際の査定の時間は、5分とか10分とかの短い時間です。つまり、それだけの時間でわかる部分を見て査定しているということになります。

 

査定にはプラスがほとんどなく、マイナスばかりです。車種と年式で基本価格が決まり、あとはキズなどをマイナスしていく。ですから、査定に時間がかかればかかるほど、金額はマイナスされていくと考えてよいでしょう。

 

プラス査定になる部分をあえて挙げるとすれば、

 

定期点検をきちんと受けている
カーナビがついている
車検までの期間が長い

 

くらいで、要はクルマを細かく見る必要のない項目ばかりなのです。

 

インターネットのサイトや買取り店の訪問などで自分のクルマの価値を知り、査定額を見積もってもらおう。



厳選■登録してしておきたい3つの査定登録サイト



 


かんたん車査定ガイドは、他とは一線を画すサイトです。たとえば、一括査定で唯一、車買取業界最大手の人気買取り店のガリバーが入っており、
高値が出やすいのです。【※2012年4月からガリバーはこの一括査定サイトのみと提携しており高値を希望の場合は絶対に押さえるべきサイトです】

 




 

             

カーセンサー


リクルートが運営しており、一括査定サイトの中でも優良な車・買取会社が提携しています。
中小の提携業者はかなり高値を出してくれるところもあり、高価買取が期待できます。

  



 


最大の評判は楽天ポイントが5000ポイントつくこと。査定額が5000円他より高いのと同じことです。
カーナビやオーディオの購入に使えますね。もちろん、5000円どころではない、車種によっては何十万円の差が査定額で期待できます。