かんたん車査定 カーセンサー 楽天オート


 

無料の車査定サイトでは唯一ガリバーも加入する本命サイト。ローカルの地域や年式の古い車にも強いサイトです。やっておかないと損です



カーセンサーは多くの隠れた優良買取店からの見積もりをとることができます。お馴染みの中古車選びの情報誌のweb版。潟潟Nルートが運営。



 

EC日本国内最大手の楽天が運営している無料査定サイトです。楽天ポイントがもらえます。



10万キロは日本人の基準

10万キロを超えていると、「買うのも乗るのも、そもそもクルマとしての価値がないのではないか」とさえ考えるようです。自分の乗っているクルマでも、10万キロを超えて故障があつたら、「修理するよりも買い替えよう」という気持ちになる人が多いのです。

 

ただ、このように10万キロといった基準をもって価値の有無を判断するのは世界中でも日本人だけのようです。

 

私もかつて、13万キロ走った『ベンツ』を購入したことがありました。販売店の人に、「10万キロを超えているけど大丈夫かな」と聞くと、「そんなことを意識するのは日本人だけですよ。欧州では10
万キロなんて新しいほうで、40万キロ、50万キロも走っているクルマがたくさんあります」

 

とのこと。

 

そう考えると、10万キロ以上走った日本では価値のないと思われがちな中古車のなかに掘り出し物があるのではないか……と考えて探すのは、ソンな選択ではありません。そのなかに自分の好みのクルマを見つけることができれば、おトクな買い物ということができるでしょう。

 

実際に何万キロまで乗れるのか

クルマの部品を、年数で劣化してしまう部品、、距離で劣化してしまう部品に分けて考えてみるとよいでしょう。それらの部品をどのように交換し、メンテナンスしてきたかによって変わってきます。

 

このうち距離で劣化する部品には、タイミングベルトがあります。タイミングベルトの交換時期は10万キロ走行時ですが、最近はタイミングベルトのない車種も増えています。また、バッテリーは年数や距離に関係なく使い方によりますので、バッテリーが上がつてしまうことを避けるには2年ごとくらいがよいとされています。

 

つまり、この10年、20年のうちにメーカーの技術力が高まって、ほとんどの部品が交換不要もしくはかなり長期間、使用できるようになつたのです。故障したときや目視で劣化と認められたときに交換すればよい部品ばかりです。

 

ほとんどの部品が定期点検などで劣化が認められたときに交換していけば、クルマは10万キロでも20万キロでも30万キロでも乗れるということになります。

 

日本は細長い島国で、欧州やアメリカは大陸ですから、クルマの走行距離に対する感覚も違います。欧州では、数年走ればすぐ10万キロに達してしまう……そのようなクルマの使い方をする人も多いようです。ですから、距離に関しては無頓着で、 一方で、ていねいにメンテナンスをして、ずつと乗り続けている人もたくさんいます。

 

日本でも同じように考えれば、値段と価値の高い高級車を買って、何十年、何十万キ口と乗り続けていれば、最終的には売却する価値のないクルマになつたとしても、生涯でクルマにかけるコストはグンと減るのです。

 

ていねいなメンテナンスを行えば、結果的にトクな買い物に。



厳選■登録してしておきたい3つの査定登録サイト



 


かんたん車査定ガイドは、他とは一線を画すサイトです。たとえば、一括査定で唯一、車買取業界最大手の人気買取り店のガリバーが入っており、
高値が出やすいのです。【※2012年4月からガリバーはこの一括査定サイトのみと提携しており高値を希望の場合は絶対に押さえるべきサイトです】

 




 

             

カーセンサー


リクルートが運営しており、一括査定サイトの中でも優良な車・買取会社が提携しています。
中小の提携業者はかなり高値を出してくれるところもあり、高価買取が期待できます。

  



 


最大の評判は楽天ポイントが5000ポイントつくこと。査定額が5000円他より高いのと同じことです。
カーナビやオーディオの購入に使えますね。もちろん、5000円どころではない、車種によっては何十万円の差が査定額で期待できます。